4141h

瑜子酱的碗:

最近在学的一首歌。

蛀牙那个版本也非常好听。

歌词来自网易云


森(もり)の静寂(しじま)に

幽冥岑寂森林深处

かがよふ蛍火(ほたるのひ)

如花含苞之萤火虫

ひらひら瞬(またた)き

翩翩起舞闪闪烁烁

水面(みなも)に咲(さ)く

划过水面欣然绽放

風(かぜ)と戯(たわむ)る

风儿与之嬉戏玩耍

千代(ちよ)の廻(めぐ)り唄(うた)

歌颂千世万秋轮回

夏草(なつくさ)揺(ゆ)らし

摇曳盛夏繁草盛星

夜半(よわ)に溶(と)ける

消匿于深夜之邃空

朧(おぼろ)に燃(も)ゆる螢(ほたる)

朦胧中火舞之萤啊

最期(さいご)の時(とき)を刻(きざ)みながら

一边铭记最终之时

闇夜(やみよ)を飾(かざ)る無数(むすう)の光(ひかり)

化作夜中无数闪光

現世(うつしよ)の幻想(ゆめ?)の中(なか)

在现世与幻想之中

またひとつ、淡(あわ)き生命(いのち)が

再次将脆薄之生命

静(しず)かに幕(まく)を引(ひ)いた

悄然引领落下帷幕

輪廻(りんね)を唄(うた)《螢塚守》(あやかし?)は

歌咏轮回之萤塚守

潰(つい)えた灯(ひ)口付(くちづ)け

悠然吻别泯灭之灯

暖(あたた)かい腕(かいな)に抱(だ)いて

怀抱你的温暖手臂

次(つぎ)の季節(きせつ)を待(ま)つのでしょう

等待下个季节到来

music...

白(しろ)き貌(がんなぜ?)

苍白面庞倾写岁月

紅(くれない)の眼(まなこ)

绯红瞳孔哭诉血泪

夏(なつ)の森(もり)に住(す)む

常居久住夏日茂林

狭間(はざま)の者(もの)

宛如狭缝隐居之士

永久(とわ)によく似(に)た

常与永恒同齐排名

星霜(せいそう)を越(こ)えて

跨越星霜起落岁月

儚(はかな)き運命(さだめ)を

拂晓梦幻般的命运

見送(みおく)る者(もの)

将其远送苍穹之者

最後(さいご)の月(つき)を仰(あお)ぐ

仰望最后之明月啊

暫(しば)しの別(わか)れ惜(お)しみながら

一边吝惜短暂离别

闇(やみ)に紛(まぎ)れた小(ちい)さな光(ひかり)

微弱光芒消融黑暗

ゆらゆらと弧(こ)を描(えが)き

描绘蜿蜒闪光轨迹

夏(なつ)の夜(よる)を死(し?)ぬぶ生命(いのち)が

终为夏夜消逝之命

静(しず)かに幕(まく)を引(ひ)いた

悄然引领落下帷幕

輪廻(りんね)を語(かた)る《螢塚守》(あやかし?)の

诗写轮回之萤塚守

言葉(ことば)を胸(むね)に抱(だ)き

心胸怀入满腹经纶

交(か)わされた契(ちぎ)りと共(も)に

与你共携交换之约

次(つぎ)の季節(きせつ)を待(ま)ちましょう

期待下个季节归来

ほぅ ほぅ ほたるこい

萤 萤 萤火虫来吧

こっちのみずはあまいぞ

此处之泉甘醇可口

ほぅ ほぅ ほたるこい

萤 萤 萤火虫来吧

夏(なつ)を待(ま)ち詫(わ)びて

翘首夏日再次到来

 

輪廻(りんね)を汚(けが)す薄紅(うすべに)の花(はな)

乱轮回粉红之花啊

はらはらを舞(ま)い踊(おど)る

纷纷然然凋落起舞

古(いにしえ)の習(なら)わしの果(は)て

尘封旧则已到尽头

時(とき)を留(と)めた森(もり)で

时间被静滞森林中

散(ち)りぬれど終焉(おわり)を見(み)せぬ

散落之时可见终结

満開(まんかい)の花(はな)の下(もと)

埋藏盛开樱花之下

色褪(いろあ)せぬ契(ちぎ)を胸(むね)に

心中永不褪色之约

次(つぎ)の季節(きせつ)を待(ま)っています

正在迫待下个季节

桜(さくら)が散(ち)れば夏(なつ)がくる

樱落夏季到来之时

また貴女(あなた)にお逢(あ)いできる

还能与你再次相会


评论

热度(9)

  1. 4141h瑜子酱的碗 转载了此音乐